1. TOP
  2. 弁護士費用

弁護士費用

弁護士費用は,基本的に,旧福岡県弁護士会報酬規程によります。

旧福岡県弁護士会報酬規程は,廃止されておりますが,廃止後も多くの法律事務所にて引き続き報酬の算定基準として採用され,弁護士報酬のいわゆる相場を示す資料となっています。

<算定例1>

200万円の損害賠償請求訴訟を依頼される場合

①初期費用(着手金・消費税・実費)

200万円×0.08=16万円(税抜きの着手金)

16万円×1.08(消費税)=17万2800円(税込みの着手金)

実費(切手代,印紙代等)を2万7200円として,初期費用合計20万円

②成功報酬・消費税・実費

勝訴の結果200万円を現実に回収することに成功した場合

200万円×0.16=32万円(税抜きの成功報酬)

32万円×1.08(消費税)=34万5600円(税込みの成功報酬)

実費は,お預かりしていた2万7200円を超えていた場合,追加請求。超えていなかった場合は,余り分を返還。

<算定例2>

大手消費者金融業者に対する200万円の過払金返還請求訴訟を依頼される場合

①初期費用(着手金・消費税・実費)

着手金は0円

実費(切手代,印紙代等)を3万円として,初期費用合計3万円

※実費もご事情により後払い可能

②成功報酬・消費税・実費

勝訴の結果200万円を現実に回収することに成功した場合

200万円×0.20=40万円(税抜きの成功報酬)

40万円×1.08(消費税)=43万2000円(税込みの成功報酬)

実費は,お預かりしていた3万円を超えていた場合,追加請求。超えていなかった場合は,余り分を返還。